2007年11月16日

哀・鼻血

紅楼夢新刊の「ほしをみるひと」は
メロンブックス
とらのあな
ホワイトキャンバス
の各店で委託開始されています。
(上のリンクで直接通販ページに飛びます)




さて、ここ最近毎日鼻血が出る和泉さん。
多分鼻詰まり気味だったのをしょっちゅう深追いしてたせいで粘膜を傷つけたのだと思います。
鼻血が出るのはいつも自宅か会社だったのですぐに対処ができたんですが……。

今日は私が書いたプログラムのレビュー会があるということで、スーツで客先に向かいました。
その前に腹ごしらえをしていこうとお店に入り、出されたお茶を口に含んだ瞬間、鮮血が鼻から垂れて湯飲みの中に!
こりゃやべえと急いで鞄の中からティッシュを取り出しますが、その間にも流れ往く鼻血。
ようやく鼻に詰め物をした頃には両手が真っ赤に染まっていました。
食べ物屋で唐突に血まみれになっているとは、なんと嫌な客でしょう。
料理が運ばれてきても、この鼻血が止まらないことには落ち着いて食べられません。
しかもこんなときに限って鼻血が治まる気配が無く、手持ちのティッシュが尽きる心配をすることになりました。
このとき注文したメニューがカツ丼でしたので、
「殺すつもりはなかったんです刑事さん……でも俺の手はもう血に染まっちまった……」
と一人取り調べごっこをすることも出来ましたが、
遊んでる場合ではありませんし、やったところで何の解決にもならない。
もういい加減止血はあきらめて食事に取り掛かることにしたとき、さらなる悲劇に気がついたのです。
ネクタイが赤い……。
いや、スーツやシャツが被害を受けていなかったのは幸運というべきか。だがネクタイは今更拭いても落ちないほど乾きつつある……。
血に染まったネクタイで人前に出るのはどうか。
いや、血がついているのはネクタイの下の方だから、スーツのボタンを締めれば隠れるはず……。
結果、完全には隠れず、襟元からチラリと血痕が見えるという微妙な状態に。
普通他人のネクタイなんか注視しないから結構なんとかなるかもしれませんが、
一度気付くとかえって怪しくて仕方ないという何かのトラップのような具合になってしまっています。
ネクタイを買い換えることを真剣に考えてコンビニに入ったところ、シミ抜きというステキアイテムを発見。
「外出先の食事のシミに」というキャッチフレーズで、使用対象として「しょう油、ソース、コーヒー、血液」等が挙げられており、用途としてもバッチリです。
しかし、食事をしていて血液が服に付く状況ってどんななんだろう。
私の鼻血は食事とは関係ないし。

そんな中、客先でのレビュー中に再び鼻血を噴いたらどうしようという危惧を憶えながらも、なんとか問題なく終えることができたのでした。
でも鼻血が喉に逆流していたのか、喉が痛くて困った。

もしこのまま鼻血が出続けるようなら、一度病院に行かざるをえないと考えています。
posted by 和泉椎菜 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

最近の和泉さん

毎日鼻血が出る。
posted by 和泉椎菜 at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

お疲れ様でした

紅楼夢終わりましたー。
みなさんお疲れ様でしたー。
なんか暑かったですね会場。

新刊「ほしをみるひと」はたぶん今週中には委託開始されると思います。
今回は、メロンブックス、とらのあな、ホワイトキャンバスの各店に委託をお願いしています。


それと冬コミもスペース当選していましたよ。
3日目西た-07aです。
posted by 和泉椎菜 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 東方 | 更新情報をチェックする